『自分の健康のために』改めて睡眠を見直してみる。

ヨガ

ライフオーガナイザー®×ヨガインストラクター
岩城真由美(いわまゆ)です。

毎週火曜日は自宅スタジオでレッスンの日です。

スポンサーリンク

睡眠障害の原因は子供の寝相?

レッスン前に、生徒さんにその日のカラダの状態を伺います。

この日の生徒さんはお二人とも
睡眠がうまく出来ていないせいか体が痛い。
とお話されていました。
「子供といっしょに寝ると体が痛くなるのよね~」と。

確かに、子供と寝るって結構大変なんですよね。
我が家も小2の息子と一緒に寝ていますが
寝相が悪く、寝る場所を占領されたり
時には蹴られたり
突然起き上がって倒れて来たりと
危ない場面が多々あります。(汗)

この日の生徒さんも
そんな状況があり当たりどころが悪く
歯がかけてしまったんだそうです。(涙)

子供といっしょに寝られる時は今しかなくて
子供と一緒にいられる今を大切にしたいけれど
自分の今も大切ですよね。

子供と寝ても、ゆっくり寝られるために
何か良い方法はないものでしょうか。

うちの息子の場合
暑いと特に寝相が悪くなります。

布団をかけないと寒いかもと心配しがちですが
色々試してこの方法がよかったのでうちの息子は布団をかけません。
子供の体温は高いです。
この時期は薄着で寝かせます。
時には熱がなくても
アイス枕を使います。

これで寝相問題はずいぶん軽減されました。

マウスピースを作る

呼吸のお話から「無呼吸症候群」の話が出ました。
寝ている時の呼吸は無意識です。
マウスピースはひとつの方法としてよいと思います。

歯医者さんで5,000円ほどで作ってもらえます。
睡眠時に上の歯にかぶせるので
気になる方には使えない場合もあります。

私には合っていたようで
歯ぎしりも軽減し、ゆっくり眠れているような気がします。
よい睡眠、大切ですね。

自分を見直す

健康の三大要素は、運動、栄養、休養です。

運動→ヨガ(アクティブなポーズ、太陽礼拝のポーズ)
栄養→バランスのいい食生活(緑、赤、黄色、黒、白の食を意識して摂る)
休養→睡眠、ヨガ(瞑想)

健康でいられるために
自分の生活を
改めて見直してみましょう。

今日も、よい一日になりますように。

最後までお読みいただきありがとうございます。

お片づけサポートについてはコチラ
ヨガレッスンについてはコチラ

ランキングに参加しています。
1日1回応援クリックしていただけると嬉しいです☆
↓こちらからプロの収納をご覧いただけます。
にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフ(プロ・アドバイザー)へ

 

スポンサーリンク
ヨガ
スポンサーリンク
シェアする
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新情報をお届けします。
ここから暮らしを

コメント