ミニマリスト年賀状のやりとりを手放しました。【その後】

スポンサーリンク
iwamayu

千葉県船橋市在住 
ヨガインストラクター | 指導歴16年
ライフオーガナイザー | 片づけのプロ | 夫・息子と3人暮らし↟⌂﹡
𖧷無印良品でつくるワークスペース 掲載
𖧷スマホひとつで快適暮らし最新版 掲載
𖧷心と体と暮らしを整えて家族が笑顔になる暮らし
ここからくらし・ここヨガスタジオ主宰

iwamayuをフォローする
ライフオーガナイズ

今年から、年賀状のやりとりを手放しました。

スポンサーリンク

年賀状のやりとりを手放すきっかけ

昨年70歳になる生徒さんから届いた年賀状に
「誠に勝手ではございますが、来年以降みなさまへの年賀状を控えさせていただきます。」
と書かれていました。

少し寂しいような気もしましたが、我が家も年賀状について
改めて考えるきっかけになりました。

毎年、楽しく作っていたはずの年賀状
選択肢が増えてデザイン選び・写真選びに
とても時間がかかっていました。

また、ギリギリにならないと取りかからないため
〆切(元旦に届くよう)に追われて仕上げるという状態。

年賀状のためにしなければいけないことは

〇送る人を選ぶ
〇写真、デザインを選ぶ
〇印刷する
〇送る
〇届いた年賀状を見る
〇返事を出す
〇整理する
〇保管する

実は、こんなにたくさん。
手放すことで、思考と行動がシンプルになります。

手放すことにしました。

年賀状のやりとりを手放すことを
よく会う友人には直接伝え
SNSでつながっている友人には、そちらから伝えました。
伝えた友人からは届きませんでした。(ありがとう!)
それ以外の友人からは20枚ほど届きました。(ありがとう!)

お返事として、年賀状を送ることも考えましたが
色々調べて
寒中見舞いを、送ることにしました。

寒中見舞いで年賀状じまい

私は、寒中見舞いで年賀状じまいのお知らせをする方法を
選びました。
文例は
「年賀状をありがとうございました。
新年のご挨拶が遅くなり申し訳ありません。
今年からみなさまへの年賀状を控えさせて頂いておりまして
本状にて年始のご挨拶とさせていただきます。
今後も変わらぬお付き合いをいただければ幸いです。
みなさまのご健康とご多幸をお祈り申し上げます。」

こちらを参考にしました。
そして、手書きでひとこと気持ちを添えました。

普段会えない友人とは、年賀状で「会いたいね~」が毎年合言葉で会えずにいましたが
年賀状がなくなったら本当に会いに行けばいい!
連絡して会いに行こうと思います!

夫は、SNSをやっていないので
遠方の友人やあまり会えない先輩方へは
年賀状のお返事を送りました。夫は、年賀状を続けるようです。

年賀状には、それぞれの思いや考えがあります。
私は、シンプルに暮らすために
このように寒中見舞いで年賀状じまいをお知らせしました。
年賀状で「来年からひかえます。」とお知らせする方法もありますね。

ここからくらし
LINE公式アカウントはこちら


インスタライブもたまに開催中
↓こちらからフォローよろしくお願いします♪

ランキングに参加しています。
読んだよ!と押していただけると
嬉しいです↓
にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフ(プロ・アドバイザー)へ

いいね!の応援にポチッと押していただけると
さらに嬉しいです↓
にほんブログ村 インテリアブログ 無印良品インテリアへ

愛用品や欲しいものを載せています↓

スポンサーリンク
ライフオーガナイズ ミニマル
スポンサーリンク
シェアする
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新情報をお届けします。
ここからくらし