【お片づけ事例】ワンアクションで見やすく取り出しやすい収納づくり

スポンサーリンク
iwamayu

千葉県船橋市在住。ヨガインストラクター・ライフオーガナイザー。
夫・10歳息子と3人暮らし。ヨガ指導16年\くらしにヨガを/
心と体と暮らしを整える『ここからくらし』『ここヨガスタジオ』主宰

iwamayuをフォローする
ライフオーガナイズ

リピーターさんからのご依頼で
今回は、階段下クローゼットの片付けサポートに行ってきました。

スポンサーリンク

全部出すことが重要

※写真はご確認ご了承いただいてから掲載させていただいています。

「自分で片付けてみました」とクライアントさん
ヒアリングで伺った時よりも、随分モノが減って綺麗に整っていました。

ところが

全部出してみると不要なものがまだまだたくさん出てきました。

全部出さずに片付けていると、見えるところだけの表面の片付けになってしまい
見た目は綺麗になりますが
不要なものが潜んでいて、そのスペースが無駄になり
すぐにものが増えて仕舞えなくなりまた散らかってしまいます。

収納スペースから全部出し
袋の中、鞄の中も全部出します。

全部出しが基本!
全部出すということが重要なのです。

階段下収納は変形タイプ

階段下クローゼットは変形タイプなことが多く
なかなか難しいスペースです。

もともとあった収納棚を使用して
左側奥のデッドスペースに
年に一度しか使わない季節もの
(旅グッズ・海グッズ・クリスマスツリーなど)を収納しました。

手前の取り出しやすいスペースには
掃除用品やストック類、タオルなどを
グルーピングして収納しました。

収納棚を追加で購入することをおすすめし
今回のサポートはここまで。

入ってすぐの左側壁には突っ張り棒で
すぐに取り出せるようお掃除グッズ収納を作りました。

ビフォーアフター

※写真はご確認ご了承いただいてから掲載させていただいています。

奥様の利き脳タイプは、右右脳タイプ

右右脳タイプは、超感覚派
直感とひらめきで行動し、物事を判断するときも感覚や感情を重視します。
使ったあと元の場所に戻すのが苦手で
モノの出し入れの際、動作が多すぎると面倒になってしまいます。
結果、モノを片づけず、出しっぱなしにして使うことが多いのです。

モノを元の場所に戻すことが苦手なので
ワンアクションで視覚的に見やすくする収納を作りました。

バランスボールを天井に

バランスボール収納は、クライアントさんのアイデア!
バランスボールは床に置いたままになりがち
そのままでは場所を取るので、天井に収納するのは
とてもいいアイデアですね。

ここからくらしへの
↓お問い合わせはこちら


Instagram
インスタライブも開催中
フォローしてくれると飛んで喜びます↓

ランキングに参加しています。
読んだよ!と押していただけると
嬉しいです↓
にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフ(プロ・アドバイザー)へ

いいね!の応援にポチッと押していただけると
さらに嬉しいです↓
にほんブログ村 インテリアブログ 無印良品インテリアへ

↓ご紹介したものを載せています。

スポンサーリンク
ライフオーガナイズ 片づけ実例
スポンサーリンク
シェアする
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新情報をお届けします。
ここからくらし