『今日のヨガポーズ』肩甲骨をほぐす5つのポーズ

ヨガ

ライフオーガナイザー®×ヨガインストラクター
岩城真由美(いわまゆ)です。

今日は、自宅ヨガレッスンの日
みなさん肩甲骨まわりがお疲れの様子でした。

スポンサーリンク

肩甲骨

肩甲骨は本来自由に動くのが理想的ですが
デスクワークやパソコン、スマホ操作などの時間が長くなると
猫背になり、動きが悪くなると周辺が凝り固まります。

寒くなるこれからの時期も
猫背になり姿勢が悪くなりやすいので注意が必要。
姿勢が悪くなると呼吸も浅くなってしまいます。

肩甲骨をほぐす5つのポーズ

まずは肩回し
手の指先を肩に乗せて肘で円を描くように回します。
この時に肩甲骨も動かすことを意識して
反対回しも行います。

【キャット&カウ】
両手を肩幅、両ひざを腰幅に開き床について四つん這いになります。
背中を水平の状態から、吐いて背中を丸めて肩甲骨を開き
吸って反って肩甲骨を寄せる動作を繰り返します。

【ツルのポーズ】
楽な座法で座り、肩甲骨を寄せて背中の後ろで両手を組みます。
息を吸って、吐きながら上体を前へ倒し
合わせた両手は天井へ
この姿勢でゆっくり5回深呼吸

【背中で合掌】
肩甲骨の間に手が来るようにし、背中で合掌
胸をひらいてゆっくり5回深呼吸

【鷲のポーズ】
体重を右足にかけながら右ひざを曲げます。
左足を右足のひざの上に乗せて足を組みさらに左足を右のふくらはぎに絡めます。
息を吸いながら両腕を前に伸ばし
右腕が上、左腕が下に肘をまげて腕を組み合わせます。
両腕をたがいに絡ませて、指先を上に向けて合掌します。

【魚のポーズ】
仰向けの状態で両足を揃えて伸ばし、手のひらを下にしてお尻の下に置きます。
手のひらを押し、ひじを曲げ、
ゆっくりと上体を反らし胸をひらきます。
顎を上げ頭のてっぺんを床に付けたらゆっくり3回深呼吸します。

レッスン後は
背中の凝りもスッキリ
ヨガの後は、みなさん顔色も表情もよくなるんです。

今日もありがとうございました。

最後までお読みいただきありがとうございます。

お片づけサポートについてはコチラ
ヨガレッスンについてはコチラ

ランキングに参加しています。
1日1回応援クリックしていただけると嬉しいです☆
↓こちらからプロの収納をご覧いただけます。
にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフ(プロ・アドバイザー)へ

 

スポンサーリンク
ヨガ
スポンサーリンク
シェアする
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新情報をお届けします。
ここから暮らしを