突然の雨でも慌てない!雨の日キャンプの楽しみ方と朝のコーヒー

スポンサーリンク
iwamayu

千葉県船橋市在住 ヨガインストラクター・ライフオーガナイザー
夫・息子(10歳)と3人家族 ヨガ指導16年 家事や育児を頑張るママをもっとラクにもっと楽しく『心と体と暮らしの整え方』ここからくらし・ここヨガスタジオ主宰

iwamayuをフォローする
ミニマル

キャンプ大好き家族ですが
我が家なりのキャンプルールがあります。

【ミニマリストのキャンプ】持ち物を少なくシンプルにするコツ
キャンプ道具は、多くあれば当然快適に過ごせますが モノが増えると収納も移動も困りますよね。 キャンプに必要なモノを取捨選択し、モノの適正量を見直してから キャンプをより楽しめるようになりました。
ミニマルキャンプを楽しむための5つのルール
キャンプ歴2年の初心者キャンパーです。 2017年にキャンプデビューし はじめてのキャンプでその楽しさに見事にはまり...
スポンサーリンク

雨でも快適に過ごすために

我が家には
「雨の日はキャンプに行かない。」というルールがあります。

キャンプを予定していた日が
「どうやら雨らしい」という時はキャンセルすることにしていますが
当日急に天気が変わることもありますよね。

そのため、急に雨が降っても困らないように準備をしています。

先日行ったキャンプは
当日急に雨の予報に変わっていたため
雨が降っても困らないように
テントと、タープをつないで設営することにしました。
そのために夫が事前に準備していたのが
DOD フタマタノキワミという商品です。

我が家のスノーピークテントとタトンカタープをつなぐためのアイテムです。
雨が降っても移動で濡れないように設営しました。

テントとタープの連結と言えば、小川張りが王道ですが
サイトのスペースが限られている場合の対策として
夫が考えたのがこちら二股ポールを使った方法です。

ポリコットンタープとコンパクトグリル

我が家のタープは、タトンカ3TC(ウィングタープ)
コンパクトグリルは、KVASS バーベキューコンロです。

タープは、ポリコットンなので雨の日でもこの下で
焚き火をすることが出来ます。
もちろんBBQも。

KVASS バーベキューコンロは
1秒で展開・折り畳みが可能という便利さ
コンパクトで、タープの中で小さなBBQも楽しめます。

created by Rinker
TATONKA(タトンカ)
¥20,900 (2020/09/27 11:28:55時点 Amazon調べ-詳細)

この日は、急な雷雨でびっくりしましたが
準備が間に合ってなんとかBBQすることが出来ました。

朝の焚き火とコーヒー

翌朝は、雨も上がり
焚き火が出来ました。

キャンプといえばやっぱり焚き火!
朝の焚き火とコーヒーは最高です。

早朝のゆったり夫婦時間

ユニフレーム 焚き火台 セット ファイアグリル+収納ケース 683040+683187

created by Rinker
STANLEY(スタンレー)
¥8,980 (2020/09/27 11:47:06時点 Amazon調べ-詳細)

 

毎年訪れているウッドルーフ奥秩父オートキャンプ場
キャンプデビューもこちらでした。

ウッドデッキサイトは、プライベート感が保たれて
朝の時間もゆっくり過ごせておすすめです。


 

ここからくらし
LINE公式アカウントはこちら


インスタライブもたまに開催中
↓こちらからフォローよろしくお願いします♪

ランキングに参加しています。
読んだよ!と押していただけると
嬉しいです↓
にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフ(プロ・アドバイザー)へ

いいね!の応援にポチッと押していただけると
さらに嬉しいです↓
にほんブログ村 インテリアブログ 無印良品インテリアへ

愛用品や欲しいものを載せています↓

スポンサーリンク
ミニマル キャンプ 購入品
スポンサーリンク
シェアする
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新情報をお届けします。
ここからくらし