整理収納アドバイザーとライフオーガナイザー

ライフオーガナイズ

ヨガとつながりがあると感じている片づけ
その片づけを仕事をにしたいと考えています。
資格取得を考え、調べていますが

整理収納アドバイザーとライフオーガナイザー
どんな違いがあるんでしょう。

スポンサーリンク

整理収納アドバイザー

2014年
整理収納アドバイザー2級講座を受けました。
2級講座は、受講するだけで資格が取得できます。
講師は古堅純子さん。
テレビで拝見して素敵な人だなぁと思っていた方ですが
古堅さんの講座は、とにかく楽しくて面白く
そしてとても参考になりました。
整理収納には5つの鉄則があります。

整理収納スキル5つの鉄則
鉄則1.適正量
物の適正量を知る。確認する。
衣服、食器、雑貨、書類、雑誌(本)増えすぎていないか。ストックが多すぎないか。
鉄則2.動作、動線
行動動線とモノを置く高さを意識すれば散らかりにくくなる。
下駄箱、テーブルなど 手が届く範囲にモノを置けなくする。
鉄則3.使用頻度別
使用頻度を1~6に分ける。
1、毎日使う。
2、2~3日に1回使う。
3、週1回使う。
4、月1回使う。
5、年1回使う。
6、年1回も使わない。
鉄則4.グルーピング
種類別に分けて収納することで無駄な行動をなくす。
鉄則5.定位置管理
すべてのものの置き場所を決める。
もとに戻すことで時間のロスや忘れ物をなくすことが出来る。

まずは、この5つの鉄則を踏まえて片づける。
自分に合わなかったりうまくいかないこともあるので

すぐに完璧な状態を目指さず自分に合った整理収納を確立していく。
なるほどーな内容ばかりでした。

ライフオーガナイザー®

ライフオーガナイザーを知るきっかけは
友人からのお誘いで参加した「片付け術セミナー」

講師は、ライフオーガナイザー®の森下純子さん。
穏やかな雰囲気で声も心地よくとてもわかりやすい内容でした。

ライフオーガナイズとは
暮らしの最適化、人生のあらゆることやモノを整えること。
快適な暮らしのために
「思考」「空間」「時間」「情報」を整理するお手伝いをする仕事です。

この日の講座は
利き脳片付け術で片づけやすい家づくりをというものでした。
まずは、自分の利き脳タイプをチェックするところから始まりました。
何気ない手の組み方・腕も組み方で自分の利き脳がわかってしまいます。

タイプは4タイプ
右右脳 マニュアル嫌いの感覚派
左左脳 理論的なきっちり分類派
右左派 見た目重視の完璧主義派
左右脳 自分らしさを追求する個性派

私は、左右脳(さうのう)
友人は、右左脳(うさのう)

利き脳タイプ別のおすすめ収納用品も紹介して頂きとても内容の濃いセミナーでした。
ライフオーガナイザーについても興味が湧いてきました。

一般社団法人 日本ライフオーガナイザー協会 » ライフオーガナイザー®とは

整理収納アドバイザーとライフオーガナイザー。
自分にあった資格を取得しようと思っています。

スポンサーリンク
ライフオーガナイズ
スポンサーリンク
シェアする
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新情報をお届けします。
ここから暮らしを

コメント